緊急地震速報受信機・地震計内蔵の「HomeSeismoホームサイスモ」揺れる前に地震をお知らせします。直下型地震対応。安否確認メールもグリーンカンパニーのおすすめ!

HOME緊急地震速報が必要な理由HomeSeismoとはHomeSeismoの特徴より早い発報上手な利用方法安否確認メールとの連動料金
地震計内蔵緊急地震速報受信機・HomeSeismo ホームサイスモ 一般社団法人グリーンカンパニー 

HomeSeismo(ホームサイスモ)とは・・・地震計内蔵緊急地震速報受信機

ホームサイスモの概要
HomeSeismo(ホームサイスモ)は、緊急地震速報受信機です。
内蔵した地震計でP波(初期微動)を検知し、直下地震にも対応(※)します。
地震発生に対してP波検知(機器本体)と象庁の緊急地震速報(インターネット経由)の2ルートを持っているため、より早く、より確実に地震の発生を警告し、地震災害を軽減できます。

※ 震源に近い地域では、緊急地震速報が間に合わないとされています。(気象庁「緊急地震速報の限界」より)

ホームサイスモ概略図

基本機能
気象庁からの緊急地震速報(高度利用者向け)受信
地震計内蔵直下地震対応・・・内蔵地震計でP波を検知します。
ネットワーク接続・・・今お使いのインターネット、もしくはNTT東日本/西日本フレッツ網IPv6で接続します。
音声ガイダンス ・・・シーンに合わせてガイダンスを選択できます。 
避難訓練/気象庁訓練報・・・様々なパターンの避難訓練が可能です。
気象庁キャンセル報・・・緊急地震速報のキャンセル報に対応しています。


HomeSeismo ホームサイスモ の特徴

特徴1.地震計内蔵
より早く地震をお知らせ 地震検知システムを搭載し、内蔵した地震計でP波(初期微動)を検知、直下型地震にも対応します。
地震発生に対して気象庁の緊急地震速報(インターネット経由)と、端末自身でのP波検知の2ルートから情報を取得し、お知らせします。
それにより、気象庁が提供している緊急地震速報の課題(震源に近い地域では緊急地震速報が間に合わないとされている)を解決し、被害を軽減させることが可能です。
独立行政法人防災科学研究所が開発したノイズフィルタリング技術により、地震波とそれ以外のノイズを分別します。

特徴2.正確な到達時刻・震度情報
”端末側”で、到達時刻、震度情報を演算。
    ブロック単位で区分けする方式に比べてより精度の高い情報を伝えます。
    内蔵地震計と連動することにより、さらに正確な震度情報を伝えることができます。

特徴3.PC不要の安定した運用
    ファンレス、ディスクレスの専用ハードウェアによる機器構成のため、長期間連続運用を実現します。

特徴4.ファームウェアをネットワーク経由でアップデート可能
    常に新しい機能を提供するため、ファームウェアはネットワーク経由で自動的に更新できるようになっています。
    緊急地震速報の内容等が気象庁により変更になった場合も対応可能です。
    また、警報音声などもアレンジ可能です。

  地震計内蔵緊急地震警報受信機 HomeSeismo「ホームサイスモ」のお問い合わせは・・・

一般社団法人グリーンカンパニー

お問い合わせは今すぐこちらから

←HOMEへ戻る  ↑ページのトップへ